読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永住者が語るイタリア旅行の靴、服装、見どころは?

永住者が語る、イアリア旅行観光おすすめスポットや旅日記。服装や持ち物、スリ対策についてのお役立ち情報

北イタリアの観光化してない素敵な小都市:ボルツァーノ

ヴェネチア、ミラノ、ヴェローナ…主要な北イタリアの都市を回った後は、小都市を観光!その1:ボルツァーノ(ボーツェン)

 

ボルツァーノはイタリア最北端のトレンティーノ・アルト・アディジェ州、アルト・アディジェ県の県庁所在地です。

 

f:id:miyoshiimatani:20170120030737j:plain

(ボルツァーノのクリスマス市の様子)

 

雄大なイタリアアルプスの真っ只中にあり、この街から電車で15分ほど走ると、そこには世界遺産のドロミテ山脈がそびえています。

f:id:miyoshiimatani:20170120031012j:plain

 

ボルツァーノの歴史

ボルツァーノが大きく発展したのは、20世紀になってから。

エトルリア人の末裔が紀元前に入植した後、ローマ人の支配を経て、バイエルン人が入植する7世紀以降、ボルツァーノはドイツ系住民が居住する貿易の中継基地でした。

 

ドイツとヴェネチアを結ぶ貿易の中間地点として、重要な地位を占めていました。

20世紀前半の人口は、ドイツ系住民が約2万人、イタリア系住民が約1000人という、小規模な街でした。

 

1919年の、第一次世界大戦の休戦協定により、ボルツァーノはオーストリアよりイタリアに割譲されました。

ムッソリーニは、ボルツァーノの工業化を促進し、イタリアのヴェネト州を中心とする地域からボルツァーノへの移住を促しました。

それにより人口増加と工業化が促進され、現在の人口は約10万人。

そのうち7割の約7万人がイタリア系で、3万人がドイツ系住民です。

 

伊アルプスの観光は、ヨーロッパでも屈指の規模とクオリティ

一歩ボルツァーノ市を出てみると、そこには雄大なドロミテ山脈が広がっています。

ドロミテ山脈を中心とする、アルト・アディジェ県の住民の大半は、今もドイツ系住民です。

また、アルプスには、少数山岳民族のラディン人が住んでおり、スキーや山岳スポーツの観光業でヨーロッパでもハイレベルのサービスを中心とする観光業で沢山の観光客を呼び込んでいます。

地域にはミシュランで高評価を得た創作料理のレストランがあり、ガンベロロッソで毎年最高評価を得ているワイナリーがあり、イタリアの中にありながら、ドイツ人気質のきめ細やかさと正確性、律儀さと質実剛健を兼ね備えた土地柄。

 

場所的にイタリアとオーストリアの中間地点にあるので、ヴェネチア、ヴェローナから、オーストリア・ドイツ方面に抜ける前に、1,2泊して街と山をめぐるのも、きっと充実した旅行体験になると思います。