読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永住者が語るイタリア旅行の靴、服装、見どころは?

永住者が語る、イアリア旅行観光おすすめスポットや旅日記。服装や持ち物、スリ対策についてのお役立ち情報

お安く旅するならオフシーズン!南イタリアの1月の気候は?

ツアーやホテル、航空券が安い冬のオフシーズンの気候は?

 

イタリアではロンバルディアピエモンテトレンティーノ・アルトアディジェ、ヴァル・ディ・アオスタなどの山岳地帯はスキーシーズンとなり、旅行業界のハイシーズンとなりますが、雪の降らない南イタリアではオフシーズンです。

 

お得に旅するならオフシーズン

 

冬のオフシーズンはホテル、航空券がかなりお得な価格になっていますね。

節約しながらイタリアを旅したい人にはもってこいですね。

 

気をつけなくてはならないのは、祝祭日

イタリアの冬は祝祭日シーズンと重なります。

祝祭日には基本、すべての店、レストラン、美術館等は閉まっているので、注意が必要です。

 

冬の祝祭日は
12月25日のクリスマス
12月26日のサント・ステファノの日
1月1日の元旦
1月6日のエピファニア

 

となっています。

クリスマスは日本のお正月と雰囲気が似て、イタリア人は家で家族親戚と過ごすので、街も閑散としていますし、商店やレストランはもとより、観光スポットも閉まっていることが殆どです。

祝祭日に到着して、レストランやスーパーも閉まっている、ということもありますので、おせんべいやピーナツなどの軽食を日本から持参すると安心です。

 

 

対象的に、12月のクリスマス前は、ショッピングセンターやお店は、日曜日も開いてますので、ショッピングには最適です。

12月23日、24日のクリスマスイブはお店はとても混み合ってますので、ゆっくりお得にショッピングしたい場合は、12月の早い時期か、1月7日以降の冬のセールを待ったほうがいいかもしれません。

 

 南イタリアの気候

 

0度以下になる北イタリアに対し、南イタリアでは冬でも比較的温かな日が続きます。

ローマ、ナポリシチリアでは、6度から17度位の気温で、寒さが厳しすぎる、ということはないでしょう。

天候は曇りがちですが、時折太陽も見られ、また時には雨も降る、といった感じです。乾燥がちで雨の降らない日本の冬とは、その点は違う点ですね。

 

お安く南イタリアへ行くなら冬はオススメ

このように幾つかの注意点はありますが、総合してみるとこの季節に南イタリアへでかけるのは、お得ではないでしょうか。

Booking.com