読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永住者が語るイタリア旅行の靴、服装、見どころは?

永住者が語る、イアリア旅行観光おすすめスポットや旅日記。服装や持ち物、スリ対策についてのお役立ち情報

イタリア現地のグルメ事情は?

 

グルメ大国イタリア。何を食べる?

 

イタリア旅行の楽しみの一つは、なんといってもグルメですね!

ピザにワイン、おいしいチーズに新鮮な野菜を使った料理の数々と、グルメを楽しまないとイタリア旅行の楽しみも半減してしまいます。

イタリアの良いところは、食べ物がとってもおいしいのにとてもお得だということです。

日本で同じような料理を食べることを考えると、びっくりしてしまうような値段で最高の料理が楽しめるのです。

もちろん、いわゆる高級レストランもありますが、庶民的なそこそこな値段のレストラン、もしくは食堂という感じのところでも、感動するような味に出会うことも珍しくありません。そこが、グルメ大国イタリアならではの良さですね!

ピザは現地でおいくら位?

イタリアといったらピザを楽しまないと損ですね。

一般的な有名店と言われるピザ屋さんでも、一人分1,000円もあればお釣りがくるでしょう。そこに、イタリアワインを加えても、そんなに高くありませんよ。

よく飲まれているキャンティなども、日本で買うと3,000円はするボトルが、1,000円台で開けることができます。

このように、イタリア旅行の費用のうちグルメにかける部分は、リーズナブルにすむと言えますね!

最高クラスのイタリアのレストランの予算

もちろん、食にしっかりとお金をかけて楽しみたいということもできるのがイタリアの素晴らしいところです。

ワインでもバローロを開けたり、最高の香りと味を楽しめる白トリュフなどの高級食材を使った料理を楽しんだりできます。

こうした料理を提供しているレストランでは、一人あたり5,000円から1万円くらいが相場となっています。

せっかくイタリアに旅行に行くのですから、一晩くらいはこうしたレストランでイタリアの高級料理を楽しむのもいいですね。

伝統的な庶民の料理と、新しい技術や食材を取り入れた高級料理

イタリアは、日常的な料理も素晴らしいですし、高級料理も充実しています。

街をぶらぶらしながら雰囲気のいい庶民的なレストランに入って、お得で気さくなイタリアの味を楽しむのもいいですし、ディナーに食通もうなるような高級レストランの料理に舌鼓を打つのも良いですね!

イタリア旅行の費用を考えるときは、ぜひともグルメにどれだけの予算を充てるかを考えて、たっぷりとイタリアを満喫できるようなプランを立てましょう!

 

郊外に多い有名優良レストラン

日本ではレストランはアクセスが良い街中にあることが多いですが、イタリアでは大くの最優良レストランは郊外にあります。

理由は、『レストランでの食事』が、イタリア人にとっては一種の儀式であるところから。

とりわけ評判がよくお値段もそれなりにするレストランには、誕生日や記念日と言った特別な日に、前もって念入りに準備して出かけるのです。

一週間前、場合によっては一ヶ月前に予約することも普通です。そして当日は最大のおめかしをして出かけるのです。

 

そうやって人々が出かける優良レストランは、なぜこんなところに、と思うような人里離れた所にあることも珍しくありません。

それはレストラン自体が自分の田舎の家を改装してレストランにしていたり、農地やワイナリーなどの農産品が収穫できる場所の近くにあったり、昔の貴族やブルジョアの避暑地や隠れ家がお得意様だったことなど、色々あると思います。

 

本当に秘境の本物グルメを堪能したいなら車が必要

もちろん、ミラノやローマなどの都会には街中にも良いレストランがあります。

ただ、立地でも集客できる都会のレストランと、味とサービス、評判のみにより、遠くからも車で人が集まる僻地にあるレストランでは、おのずと出会えるものが違います。

 

本当にイタリアのグルメに出会いたい、堪能したい人は、まえまえから調査及び予約をして、車をレンタルしてお出かけになられることをおすすめします。

 

イタリアでの飲酒と運転のルール

なお、イタリアの飲酒運転に関するルールは、ビールコップ二杯、ワイングラス一杯程度でしたら運転しても問題ない基準です。

イタリア人はアペリティブに一杯、食事中に一杯程度飲んで、その後水とコーヒーを飲めば、十分運転できる基準であると考えているようです。

もちろんお酒に強いか弱いかは個人差がありますので、グループで移動する場合、ひとりだけ運転のために飲まない、もしくは少量のみ飲む人を決めておくと良いでしょう。

具体的基準としては、アルコールテスト(呼気)にて0.5g/Lまでなら、おとがめなしです。

0.5/Lを越えると、その飲酒の程度において罰金(500ユーロから6000ユーロ)及び免許停止(3ヶ月から2年)となります。