読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永住者が語るイタリア旅行の靴、服装、見どころは?

永住者が語る、イアリア旅行観光おすすめスポットや旅日記。服装や持ち物、スリ対策についてのお役立ち情報

イタリアで見つけたフランス菓子マカロン

イタリアは食について割りと保守的な国です。

伝統の味と作り方を頑なに守る…それがイタリアの食のあり方の重要な点。

なぜなら、伝統という長い時の中で、一番いいものが残っているから改善する必要はない、というのが彼らの持論。

お菓子に関しても、イタリアはイタリアの伝統的地元のお菓子が、何処のお菓子屋さんに行ってもそろっています。

オリジナル菓子は作らないの?と尋ねると、

 

オリジナル菓子も作るけど、やっぱり売れないから、伝統的な品揃えに戻ってしまうとのこと。

そんな中、トレントの友人からの紹介で、なんと、イタリアの山奥でパリのお菓子屋さんをみつけました!

ここはファブリスさんという、パリ出身の菓子職人さんがしているお店。

味も品揃えも豊富でクリエイティブなお菓子屋さんです。

ここのマカロンは絶品。 

 

f:id:miyoshiimatani:20160224161018j:plain

 

カロンとは、卵白ベースのやわらかなビスケットに、クリームをはさんだもの。

色とりどりのマカロンは、特注品や季節・時期限定品を時折織り交ぜながら、20種類近くのバラエティーにとんでいます。

 

今日バレンタインデーには、バレンタインデー限定の、薔薇とバニラとガロファノのクリームを挟んだマカロンがお目見え。

 

お気に入りのイチゴ味と、いちじくとレッドグレープフルーツの二味も追加して、Peccati di gola(欲望の罪)を犯しました(笑)。

 

イタリアのお菓子屋さんの名前は面白い

 

そう、このお菓子屋さんは、ペッカーティ・ディ・ゴーラ「欲望の罪」という名前なんです。

あまりの美味しさに我慢できず欲望の罪が増してしまう、というネーミングもなかなかお茶目でパリっぽいですね。

日本人だからか、食べ物に貪欲なことを罪と感じないのですが、本当にダイエットの敵ですね…。

 

f:id:miyoshiimatani:20160224162100j:plain

 

イタリアの山間地にあるパリのお菓子屋さん。もやは私の生活に欠かせない存在です。

友人カップルと4人で、バレンタインデーの午後のティータイムを楽しませて頂きました。

 

トレントにあるフランス菓子店、ペッカーティ・ディ・ゴーラ